サラリーマン家庭の相続をもっとスマートに!

典型的なサラリーマン家庭の相続ストーリー

「相続税って難しそう」「自分たちに相続税はかかる?」「争族にならないか心配」「自分たちで相続税申告はできる?」「遺言がないとどうなる?」「相続税対策やってないけど大丈夫?」「税務調査に来るの?」

こうした相続の疑問を抱えながら、家族で役割を分担し、友人の助けを借りて、最後は自分たちで相続税の申告をするまでの典型的なサラリーマン家庭「スマート家」の物語から、相続税の知識を学んで行きましょう!

0

スマート家の紹介とスケジュール感

1

相続人確定の意味

2

遺言書が無い。問題になりますか?

3

相続手続きの肝となる法定期限は?

4

相続税の要否判定はなぜ必要?

5

二つの特例で相続税がゼロか少額に!

6

相続税の申告は自分たちでできる?

7

目的別の財産目録の作成方法

8

土地の評価が一番の難所と言われてます

9

遺産分割協議における分割公式とは?

10

相続税申告書の作成の奥の手

11

自分たちで相続税申告する副次的効果

なるほど相続

厳選 自分たちで相続税申告するための参考書籍

街の本屋が激減しているだけでなく、大手書店チェーンの文教堂が事実上の倒産するなど、実際に書籍を手に取る機会が減ってきています。特に相続のように専門的な分野は大規模店舗でないと品揃えが不十分なため、書籍

税務調査は正しく怖がる。サラリーマン家庭は無申告に注意!

【1】 遺産1億円前後のサラリーマン家庭に「実地の税務調査」が来る確率は低い 【2】 申告数は倍増しても税務署の職員数は横這いの中で「簡易な調査」が増加 【3】遺産1億円前後でも無申告の疑

サラリーマン家庭の相続対策を考える

【1】自宅が大半の遺産構成では、相続対策の選択肢は限定的 【2】二つの特例が使える1次相続では相続対策は”Nice to have” 【3】2次相続に向けた対策は「生前贈与」「生命保険」「

サラリーマン家庭へのお勧め税理士タイプと報酬の相場

【1】顧客の立場から税理士タイプを3つに分類してみました 【2】専門家を選ぶ際は「報酬」「提案内容」「担当者」の3つの要素で決定する 【3】税理士は「事務所(=ブランド)」ではなく「担当者

死亡後の預金凍結への対応策の提案

【1】凍結された預金の払戻には手間と時間がかかり死亡前後の資金繰りが大変です 【2】相続人全員の合意のもと配偶者名義の新口座へ資金を移し凍結を回避できます 【3】死亡時の預金残は名義預金と

これは超便利&画期的「法定相続情報証明制度」

【1】自分で作成した家系図に法務局がハンコを付いてくれる制度です 【2】戸籍の束が1枚に集約、無料のため手間・コスト・時間を大幅削減できます 【3】解読不能な古い戸籍も含めて家系図のチェッ

もっと見る

スマート贈与

贈与契約書の作成ポイント

1.贈与契約書の必要性 お金や株などの資産をタダで人にあげる時は贈与契約書を作成しなければならない、とする法律はありません。贈与契約書を作成するか否かについては任意です。 しかしながら贈与契約書を

名義預金暦年贈与贈与契約書

教育資金一括贈与の非課税特例のポイント解説

【1】子供や孫の教育資金を一挙に1,500万円まで援助することができます 【2】金融機関と契約を締結し贈与資金を金融機関へ預けなければなりません 【3】父方母方双方からの資金をバランスよく

贈与税の3大特例贈与税の特例

住宅資金贈与の非課税特例のポイント解説

【1】住宅取得と贈与のタイミングに注意が必要 【2】対象となる住宅取得費用の範囲は意外に狭い 【3】「住宅取得資金贈与の非課税特例」の適用には贈与税申告が必須条件 「住宅取得資金贈与の非課税特例

贈与税の3大特例贈与税の特例

贈与税の体系・様々な贈与税の特例

贈与税の体系は課税方法の違いから「暦年課税」と「相続時精算課税」に大別できます。デフォルトは「暦年課税方式(暦年贈与)」です。「相続時精算課税方式」を選択するには税務署へ届出が必要です。一度「相続時精

暦年贈与相続時精算課税

贈与税の申告・納付スケジュール

1.贈与税の申告・納付スケジュール 贈与税は所得税と同様にいわゆる「申告納税方式」を採用しているため、贈与税の申告・納付スケジュールは、所得税の確定申告スケジュールと同じです。資金を受け取った側に贈

申告期限納税義務者贈与税申告書

結婚子育て一括贈与の非課税特例のポイント解説

【1】子供や孫の結婚・出産・子育資金を一度に1,000万円まで援助することができます 【2】金融機関と契約を締結し贈与資金を金融機関へ預けなければなりません 【3】父方母方双方からの資金をバランス

贈与税の3大特例贈与税の特例

もっと見る