スマート相続について

団塊世代の高齢化が進むなかで、子どもや孫に贈与したいという潜在的ニーズは増えています。しかし、日本人の平均寿命は毎年のびる一方で人生100年といわれる状況に至り、老後資金の不安が顕在化しています。

こうした状況下、相続や贈与に関する相談を手軽にできる税理士や金融機関がいるサラリーマン家庭は少なく、相続対策や贈与したいとき、どのように行うべきか、知識の不足により判断できずに実行できないケースが多く見られます。

「スマート相続」はサラリーマン家庭にターゲットを絞ることにより、シンプルな相続を前提とした相続対策、相続税申告や贈与を行う際の具体的な手助けができるサービスを目指しています。

今後の展開について

当事務所では「サラリーマン家庭の相続や贈与をシンプルに」というミッションのもと「どのようなニーズが求められているかというインサイト」と「団塊世代にも普及したLINE」の交点から新たなコンセプトのサービスを展開しています。
このたびリリースした専門知識不要でスマホでできる「贈与契約書の作成」はその第一弾サービスとなります。
いわゆる「争族」を避けるためには家族全員の相続リテラシーの底上げが求められます。

サービスのシンボルマークは逆境の中でも勉強をあきらめなかった二宮金次郎をモチーフとしています。スマホで利用できるスマート相続は、通勤などの隙間時間でも勉強できることを伝え、サービスの利用につなげてまいります

「スマート相続」を通じて相続や贈与に関する世代間の対話が進み、さらに具体的アクションを起こすきっかけや対応の方向感もっていただけたら幸いです。

篠田修税理士事務所の概要

ポートレイト写真(高島屋交差点)

略歴

大手家電メーカー勤務を経て、90年に公認会計士の資格取得し新日本監査法人に入所。法定監査や上場支援コンサルを経験。97年に フューチャー株式会社(東証1部)へIPO責任者として東証1部まで財務担当ディレクターを務め、2000年のインターネットバブルの前後を経験する。
2004年 株式会社ポピンズコーポレーション(東証1部)取締役、2008年リプレックス株式会社(スマホアプリ開発ベンチャー)取締役を経て、2016年に篠田修公認会計士事務所を開業、主にベンチャー企業のバックオフィス系戦略構築・資金調達支援コンサルを提供。2018年に篠田修税理士事務所を開業、ライフワークとして取り組む「スマート相続」の運営開始。

業務内容

1)サラリーマン家庭を中心とした「シンプルな相続・贈与の調査・研究」
2)「スマート相続」「スマート贈与」の運営

事務所内観
【住所】
東京都世田谷区玉川3-9-10ー307
【電話】
050-3692-1580
【代表者】
公認会計士・税理士 篠田 修

お知らせ

2022年07月06日
人生100年時代に備えて老後資金をチェック→相続税・贈与税の試算も簡単に!
2022年03月29日
【エプソンDXの取り組み】に取り上げられました
2022年02月15日
【2022年2月15日|「生前贈与」に関する団塊ジュニア世代の意識調査】リリースしました
2021年12月22日
【2021年|「生前贈与」改正に関する親の意識調査】リリースしました

お問い合わせ

記事をSNSでシェアする